上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

タイトルが突然すぎて驚くでしょう。

抗鬱剤を断薬しました。

これも今まで何度も挑戦し挫折してきましたが、

なんとか今回は完全に断ち切ってやろうという所まで来ました。

つまり、断薬成功(仮)です。


今の所、耐えられない離脱症状は出ていませんが、

頭が働きません。集中力やら思考力、記憶力。

これらはいまだに回復しておりません。

ですが、根本的な問題として、

抗鬱剤(デプロメール)を服用している時に

少しずつ頭が働かなくなっていきました。


一度薬の量を増やしたもののそれは改善されず。


逆に抗不安のユーパンで多少頭が働くような気がします。


それならばと、抗鬱を先に切るという大胆な行動に出ました。


そして三日目が経ちます。


今まで大分日記を書かなかったのは、

色々な療法を試し、なかなか効果が実感できず、

一進一退の攻防が激しく続いていたからです。


書いている余裕がなかったです^^



抗鬱剤をやめて、





吐き気が消滅しました。




5年間ずっと吐き気や息苦しさがありましたが、

これらが消えました。



胃薬飲んだり、ドリンク系のナンチャラを飲んだり、

胃を助けようと色々(カイロ、整体含む)やったんですけど、

抗鬱剤を副作用と断定します。(個人的な見解です。)



倦怠感、だるさも、だいぶ少なくなりました。

会社を辞める事ばかり考えていましたが、

少しだけ希望が見えました。


これで脳内の処理速度の問題などが改善されれば、

怖いものがないんですが。


日記に断定する要素がないのにも関わらず、

整体で良くなったとか、カイロで良くなったとか

運動、食事、規則正しい生活、認知の歪みの修正などなど

効果があったと軽々しく書きたくはありません。


信頼性のない情報を他人に提供するのは嫌です。


なので空白の時間(日記更新が出来ていない期間)は、

色々な治療法と悪戦苦闘の日々を送っていると思ってください。


そして体調が良くなったら、

これが良かったなどを日記に別枠でしたいと思います。


私の最終目標は

薬からの完全脱出及び病気になる前の心身を手に入れる事です。


薬は根本的な解決にはならない。

そして脳内に悪影響を及ぼす。

ハッピードラッグである可能性が指摘されている。


依存したくてしているんではない。

依存しないと生きていけない。


こういう感じになるでしょう。


今やセロトニン減少が鬱の原因という説が常識化されているけれど、

私はそれさえも最近疑いつつある。


それと、これは鬱の薬を問題視する医師が言っていた事だが、

抗鬱剤と抗不安薬を同時に服用するのがデフォルトになっているけれど、

これはヤバイ事なんじゃないかなと。


ベクトルの向きが相反する。


交感神経を刺激する抗鬱剤と、副交感神経を刺激する抗不安。

両神経はシーソーのようにどちらか一方が優位に立つ。

つまり、薬の威力が強い方が優位に立ったりするという事で、

神経は混乱してしまうのではないかという考えです。


それを自分の身体で実験している最中です。

抗鬱をやめれば、副交感神経を刺激する抗不安のみ。

でも・・・人為的に副交感を刺激するなんて事は、

本来やってはならない事であるという説もある。


要するに、薬を飲んでいて良い事は、

今その瞬間を一時的に楽にするというマルチ商法のようなものだと思う。


後で薬から抜け出せなくなる。

ちなみにこれが今の私だ。


薬を使わないと生きていけないのだから。


だからなんとか少しずつ減らしていこうと思う。


またデプロを使うというのは出来る限り避けたいな。

断薬後、辛くてまた服用するというケースは多々ある。


デプロからオサラバして、ユーパンを少しずつ減らして。


スポンサーサイト
2010.08.13 Fri l 鬱日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tranbo.blog114.fc2.com/tb.php/20-df8d458b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。