上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

思考力の低下などの頭に霧がかかった状態。

これさえなければ、とりあえず生きていける。

どんなに身体が重くても、

どんなに不安感で押しつぶされそうでも、



自分の頭は正常に機能し、仕事が普通レベルに出来る。


これが今私の求める状態です。



鬱病やら自律神経やら、メカニズムは聞きあきたんです。


セロトニンの減少が常識?

それとも脳内の血流不足?

首のコリ?


前頭前野、海馬がぶっ壊れてきた?



どの説が正しいのか、それを考えていたら

私はずっと治らない。


悩むなら、動くんだ。

重たい身体を動かしてでも!!


栄養療法は続けてます。


それと抗鬱剤断薬4日目ですね。

今更になって全身の緊張やら痺れが来ました。


不眠で耐えられない状況になるまでは、

飲まないようにします。


抗不安薬も本当は飲みたくない。

でも、完全断薬は心身共にぶっ壊れる気がする。


だから薬は少しずつ。


そして運動と音読を積極的に。

整体にも定期的に。

規則正しい生活に、ストレスフリーを目指した生活。

新しい事にチャレンジせず、ひたすら耐え忍ぶ闘いをしよう。


仕事は悔しいな。

健常レベルに脳が戻れば、あの程度の仕事量大したことはないのに、

今は必死だわ・・・。


音読しまくるぜ。

運動しまくるぜ。


過度な運動は余計に悪いとか、そういうのはやってみないと分からない。

やりもしないで、はじめから諦めている状態では、

鬱に打ち勝つ事は出来ない。


逃げてもいいよ。

でも逃げる場所を間違えちゃいけねーと思ってきた。


1%でも効果が期待できるならば、やるだけやってみる。


大学で心理学やら精神衛生的な学問をガッチリ学んできたというのに、

優秀な成績で卒業できたというのに、

ハッキリいって意味ないわ。


うつ病は、うつ病を体験した人にしか治療する事は出来ない。


うつ病の知識はかなりあった。

でもうつ病になった。薬の知識もめちゃくちゃあった。

でもうつ病になったのだ。




俺は、鬱病に実際になって、それを克服したという精神科医やカウンセラー以外は信用しない。


この苦しみを、机の上の学問や知識だけで全てを悟れる訳がない。

それも実際に抗鬱剤や抗不安薬を自分の身をもって使った経験がある者。


離脱症状は比較的ありません。

副作用はありません。



使った事ないのに、何が分かるのか。



今私は離脱症状と副作用に押しつぶされそうな状態です。

でも宣言します。


私は時間がかかっても克服してみせます。


絶対に。


スポンサーサイト
2010.08.14 Sat l 鬱日記 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.08.19 Thu l . l 編集
Re: はじめまして
書き込みありがとうございます。
返信遅くなりまして申し訳ありませんでした。

薬は大変怖いです。確かに薬で良くなった人もいるんでしょうが、良くならないで悪化してしまった人も多くいるのが現状で、私もその中の一人になってしまいました。


> そういった「志」を持ったカウンセラー集団を作れたらいいなとも思っております。
>

素晴らしいですね。ぜひバックアップさせて頂きたいです。
もし私に離脱症状を抜け出し、もう一度再起できる日がくるのであれば、
カウンセラーの資格を取って、苦しんでいる人達を助けたいと思っています。

私は・・・・

知識豊富で精神病未経験者の国認定の臨床心理士よりも
精神病経験者で実際に薬の副作用、離脱症状を体験した民間資格のカウンセラーを頼りたいです。

ぜひ頑張って下さい。



> よろしければ交流しましょう!
2010.10.07 Thu l トランボー. URL l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.05.18 Fri l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tranbo.blog114.fc2.com/tb.php/21-4eaf8171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。