上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

私の人生の最大のピンチというべきか。

私はついに休職をする事になった。

これらの病気に対して偏見の目が強い会社での休職は、

正直、人事部や部署内で今まで築きあげてきた評価がゼロではなく、

マイナスになったと言っても過言ではない。


もはや、この会社には戻れないとまで考えさせられる所だ。


私が休職まで追い込まれた経緯は、


5年間

デプロメールとユーパンを飲み続けて身体を維持していたが、

突然、思考力が停止(頭に霧がかかっているような、真っ白の状態)になってしまったのだ。


これが原因で仕事は全く出来ず、電話対応どころかコミィニケーションまでにも支障が出た。

とても仕事というよりも、日常生活をやっとの想いで生活している状態だったので、

限界に達したと判断した。


さらに自分は混乱状態のもと、長年長期的に服用し続けた薬が

脳へのダメージを与えたのではないかと考えた。


それは某薬剤師さんに話しを聞くと、

抗鬱剤や抗不安薬は使い続けると脳を破壊するような事を言っていたからだ。


統計学的にも見て、抗鬱剤を長期的に服用している人は、精神病院に行って薬漬けになるケースが多い。

実際SSRIは副作用がなく、安心などとほざいてた製薬会社に騙されたという事で、

SSRIの危険性は近年どんどん証明されつつあるし、私も使っていた一人の人間であるから良く分かる。


これからお話することは仮定だが、

どうしても奇妙な事なので、

説明させて頂きたい。


5年の服用中、3年前にデプロメール150mg/day、ユーパン1.5mg/dayを使い続けて、

気分も高まり健全なレベルまで戻ったのだ。

しかし、薬を飲み忘れると、視界障害がおき、視点さ定まらず、頭がボッーっとしてしまう。

だから私は仕方なく薬を飲んだ。


そして薬物依存になってしまったのだ。

加えて医師は「長期的に飲み続けても大丈夫。」「再発防止のため」などと言いやがり、

減薬を全くしなかったのだ。


これは今思えば、ヒイキにしてもらってる整体院の先生から言えば、

そのタイミングが一番減薬して、断薬に持っていく所だった。っと言われた。


まさに私もそう思う。

この薬は長期服用すると大変な事になる。


副作用の問題よりも、離脱症状が酷い。

離脱症状は普通の人では、泣き叫ぶレベル。

これらの薬を使っている人なら分かると思いますが、

自分の身体が悪魔に支配され、身体の中を暴れまわり、身体が薬を欲しているというのが伝わってくる。


心臓の鼓動は鳴り響き、その音が全身に響き、手足はしびれ、震える。

目はかすみ、視点が定まらず、死んだような眼になる。

神経過敏になり、光やら特に音に敏感に神経が反応し、生き地獄。

全身が硬直し、ジリジリと痛みを増し、とてもリラックスなんて出来る状態ではない。

頭は重く、霧のようなものが頭を覆い、


思考力低下、記憶力低下、集中力低下、注意力低下などの症状が永遠と続く。

(これは私の場合、服用中にもあったので、離脱症状とは言い切れない。
 副作用なのか、元病なのか。)

思考の問題が一番辛い。


せめて身体が動かなくとも、頭さえ動いてくれれば、仕事はなんとかできるから。

不安であっても、頭がクリアならば仕事は出来る。



確かに、不安のレベルもあるけれど。


急に断薬すると、激しい焦燥感、恐怖感、不安感、胸を締め付ける怖さが突然襲い、

自殺願望が高まる。自殺なんて普通考えないが、これらの薬はそれらを考えさせてしまう程に


恐ろしいものだと私は思う。


あくまでも個人的な感想だが、

私と同じように離脱症状に苦しむ人たちはかなり多くいると思う。


パキシルに手を出していないのが、不幸中の幸いなのだろうか。


デプロメール以上のパキシルの離脱症状は、考えただけで今の私には耐えられそうもない。

 
スポンサーサイト
2010.09.01 Wed l 鬱日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tranbo.blog114.fc2.com/tb.php/23-af1e473f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。